Page 1
標準

移調楽器の記譜を学ぶなら、ノーテーションソフトがお勧め

作曲や編曲を学ぶ場合、特にオーケストラや吹奏楽の楽曲では、移調楽器の記譜を学ぶ必要が出てきます。楽器によっては、ドの音がCから始まらないからです。ピアノ譜しか読んだことがなかったりする場合、初めて学ぶ人は混乱する点の一つだと言えます。

例えばB♭管クラリネットの場合、記譜上のドが、B♭から始まります。ピアノ譜で「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と書くと、実音では長2度低く「シ♭・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ♭」と演奏される、といった具合です。

かつて移調楽器の記譜は、ソルフェージュのレッスンや、実際に楽器の演奏経験を踏まえなければ体得が難しいものでした。しかし今の時代、書いた音が鳴ってくれるノーテーションソフトを上手く活用すれば、独習は十分可能です。

今や教育現場では、e-ラーニングが当たり前のように取り入れられる時代です。スコアライティングの学習に、パソコンを使わない手はありません。ノーテーションソフトを活用すれば、移調楽器の記譜を体得することは難しくありません。一度身体で覚えてしまえば、頭の中で書いたとおりに音が鳴るようにできます。紙と鉛筆だけでスコアを書いていくことも可能になるでしょう。




Continue Reading →

標準

「Fantasy From The End Of The World(管楽合奏版)」を、リリースしました

FEW FullScore (Sample)

 

作曲家の青木征洋(Godspeed)さんが2003年に発表したオリジナル作品を、管楽合奏(吹奏楽)に編曲させて頂きました。

●フルスコア(サンプル)
http://aubestudioweb.net/scorearchives/170320_few_we_sample.pdf

●参考音源

ハーモニックマイナースケールの生み出す独特な異世界情緒、幻想的な静謐さ、そして烈火のごとき荒々しさを兼ね備えた、最高にクールでスタイリッシュ、ドラマティックな楽曲です。きっと、誰も聴いたことのない吹奏楽と出会えるでしょう。

詳しくはこちらからご覧ください。

 

標準

i-Tunes Storeにて、”composit, x”の配信を開始しました!

https://itunes.apple.com/jp/album/composit-x-single/id1070045952?

 

iTunes Store、Amazon.mp3、music.jp、Oriconなど各ストアにて、「composit, x」の配信を開始しました!

”composit”は”composite”に由来する造語です。さまざまな意味に捉えられるタイトルとなっています。複数のパートやセクション同士の有機的なリズムアンサンブルに重点を置いていて、ピアノ以外では特に打楽器にスポットが当たりやすい曲になっています。

また今作は、e-onkyo music、ならびにmoraにて、ハイレゾリューション版も配信しております。

 

http://www.e-onkyo.com/music/album/tcj859752784047/

通常の配信版以上の高音質によって、それぞれの楽器が持つ空気感や臨場感、アンサンブルの細やかさをより楽しんでいただけると思います。ぜひお楽しみください。

 

標準

『閃乱カグラ2 -真紅-』の制作プロモーションムービーのBGMを担当させていただきました

ニンテンドー3DSソフト『閃乱カグラ2 -真紅-』制作プロモーションムービーのBGMを担当させていただきました。

コンテンツと楽曲のギャップで大変シュールな演出となっています。(笑) 記事と合わせてぜひご覧ください。

http://www.inside-games.jp/article/2014/07/14/78566.html

標準

「学生作曲選手権」過去の受賞者インタビューに掲載されました

http://creofuga.net/diaries/5122

「全国学生作曲家選手権」の過去の受賞者インタビューに掲載されました。

シリーズ第1回目として当方のインタビューを載せていただいております。散漫な話をきれいにまとめていただいたご担当者の方ありがとうございました。ぜひご覧ください。

http://creofuga.net/diaries/5122

標準

iTunes Storeにて「Speak!」の配信を開始しました!

Speak2_eyecatch

iTunes Store、Amazon.mp3、music.jp、Oricon、Tapnow、Groovy、Spotifyの各ストアにて、「Speak!」の配信を開始しました!

「Speak!」は、2013年10月12日に開催された、第37回全東京学生英語弁論大会(成蹊大学英語会主催)のテーマとして書き下ろした作品です。英語でのパブリック・スピーキングに果敢に挑む学生のみなさんの晴れ舞台に書き下ろさせていただきました。ぜひお楽しみください。