リバーブを使わずミキシングで立体感を生み出す5つの方法③

出典:
5 Ways To Create Depth Without Reverb
http://www.sonicscoop.com/2015/04/29/5-ways-to-create-depth-without-reverb/#sthash.W6WHwxxK.lZi9EEfJ.dpbs

http://www.sonicscoop.com/2015/04/29/5-ways-to-create-depth-without-reverb/#sthash.W6WHwxxK.lZi9EEfJ.dpbs

作曲家の青木征洋さんがおすすめしていた記事を、拙訳でご紹介させていただいています。第3弾は「EQ」です。


 

距離感を生み出すためのイコライジング

 

・効果

現実世界において、音は空間を進むとき高音域が空気に吸収されます。よって、音を発する物体が離れていれば離れているほど、その聴こえ方は鋭さを失います。

 

・やり方

任意のトラックに距離感を出すには、イコライザーを使い、トップエンド(高帯域)を適度にカットします。逆に、トップエンドをゲインすれば、より近くで鳴っているように感じさせられます。(ミキシングエンジニアが、ボーカルのトップエンドをよく底上げするのはそのためです)。

FabFilter Pro-Q

FabFilterの「Pro-Q」。ピアノパートに距離感を出すため、トップエンドを適度にカットしている。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す