Page 1
標準

リバーブを使わずミキシングで立体感を生み出す5つの方法⑤

出典:
5 Ways To Create Depth Without Reverb
http://www.sonicscoop.com/2015/04/29/5-ways-to-create-depth-without-reverb/#sthash.W6WHwxxK.lZi9EEfJ.dpbs

作曲家の青木征洋さんがおすすめしていた記事を、拙訳でご紹介させていただいています。いよいよ最後となる今回は、「サンプルを加える」テクニックについてです。 Continue Reading →

標準

リバーブを使わずミキシングで立体感を生み出す5つの方法④

出典:
5 Ways To Create Depth Without Reverb
http://www.sonicscoop.com/2015/04/29/5-ways-to-create-depth-without-reverb/#sthash.W6WHwxxK.lZi9EEfJ.dpbs

作曲家の青木征洋さんがおすすめしていた記事を、拙訳でご紹介させていただいています。いよいよ佳境ですが、第4弾となる今回は「コンプレッサ」を用いたテクニックについてです。

Continue Reading →

標準

リバーブを使わずミキシングで立体感を生み出す5つの方法②

出典:
5 Ways To Create Depth Without Reverb
http://www.sonicscoop.com/2015/04/29/5-ways-to-create-depth-without-reverb/#sthash.W6WHwxxK.lZi9EEfJ.dpbs

前回に引き続き、作曲家の青木征洋さんがおすすめしていた記事を、拙訳でご紹介させていただいています。立体感のあるミキシングを組み立てる上で、とても参考になる記事です。全5回でお送りします。今回は第2回目です。

Continue Reading →

標準

リバーブを使わずミキシングで立体感を生み出す5つの方法①

出典:
5 Ways To Create Depth Without Reverb
http://www.sonicscoop.com/2015/04/29/5-ways-to-create-depth-without-reverb/#sthash.W6WHwxxK.lZi9EEfJ.dpbs

海外記事のご紹介です。作曲家の青木征洋さんがおすすめしていた記事を、拙訳でご紹介させていただきます。立体感のあるミキシングを組み立てる上で、とても参考になる記事です。全5回でお送りします。今回は第1回目です。


 

前面から奥行きへの広がり――いわゆる立体感は、優れたミックスを生み出すのに不可欠です。これがよく作り込まれていれば、リスナーは、まるで眼前からスピーカーが消え、アーティストの生演奏を聴いているかのような臨場感に没入できるでしょう。

立体感や奥行き感を出そうと思うと、しばしば直感的にリバーブへと手を伸ばしたくなりますが、これは必ずしも最善の手段とは言えません。リバーブは濫用すると、多大な空間的領域を占有し、それぞれの楽器やボーカルが本来持つ音を引き立てるのに残すべき余地がなくなってしまうのです。

幸運なことに、立体感を生み出す優れた方法は、リバーブの他にもいろいろあります。そうしたテクニックの数々はあまり知られていませんが、いずれも単独で用いたり、あるいはリバーブと組み合わせて使うことで、ミックスに奥行きや立体感を生み出すことができます。

Continue Reading →

標準

NJBPの「しんふぉにっく いっき」が素晴らしい

 

ゲーム音楽を演奏するインディーズオーケストラ「新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」が、FCゲーム「いっき」の曲をメドレーにして演奏した動画が話題になってます。

まずこのゲーム愛の伝わる選曲が素晴らしいです。指揮者で発起人の市原さんの選曲なのか僕は存じませんけど、コアなファンから根強い支持を受ける「いっき」というチョイス。「ゲームが好きで、ゲームの音楽も大好き。俺の愛するゲームにこんな面白い曲があるんだから、もっとたくさんの人に知ってほしい」っていう真摯なゲーム愛が伝わってきます。

僕はいっきも一気の曲についても実はほとんど知らなかったんですけど、確かに聴いていると癖になる(笑)。僕のようにこの演奏で初めて「いっき」の存在やその音楽を耳にした人は少なからずいると思いますし、その魅力に気づけた人も沢山いるんじゃないでしょうか。

あと、FCの「いっき」だったのが素晴らしいなと思ったもう一つの点としては、現在のNJBPの団員数と選曲がマッチしてることです。今のNJBPはプレイヤーが14人ですから、オーケストラというよりアンサンブルに近い編成ですけど、FCって言ったら同時発音数4ですから、いたずらに派手なアレンジメントより、最低限のアンサンブルの方が、シンプルな原曲の持ち味は出しやすいし、かつ楽器それぞれの魅力も引き立たせやすい。「しんふぉにっく いっき」は、まさに選曲と編成とアレンジのトリロジーと、ゲーム愛が成せる妙だと思います。どれが欠けても成り立ちません。市原さんとNJBPの活動が、今後ももっとたくさんの人に知ってもらえたらいいなと思いました。

 

 

弓道
標準

楽器の演奏と弓道の共通点

NHK「アスリートの魂」で、弓道の増渕敦人選手が取り上げられていました。

98.8%ーー無類の的中率を誇った増渕さんは、29歳のとき、史上最年少で弓道の最高峰天皇杯で優勝します。しかし、その翌年の天皇杯で惨敗を喫しま す。審査員は、増渕さんの弓道を「パチンコ弓道」と酷評したそうです。ただ的に当てるのが上手いだけ……その悔しさから、自分の弓道と向き合う、増渕さん の長い挑戦が始まりました。

弓道には「正射正中」という概念があるそうです。正しい型で正しく弓を射れば、的中するという考え方です。的中は、ただ的に当てるだけでなく、それが正しい型と精神で、自ずとなされたものでなければならないのです。

んー奥が深い……しかしよく考えれば、楽器の演奏にもそのまま当てはめられることでした。

 

●楽器の演奏も「正射正中」

よく指導者は、合奏でこういう指示をしますーー「音程が悪い、ピッチを合わせろ」。怖い先生にガミガミ怒られた経験のある人も多いと思います。

しかしこれは根本から発想が間違っているのです。音程が合わないのは、多くの場合、楽器やフレーズの演奏法に問題があるからです。

例えば室温や湿度に合ったチューニングがされていなかったり、その音を吹くのに正しいアンブシュアが出来ていない、あるいはフレーズに合ったブレスが出来 ていない、正しいダイナミクスで吹いていない、曲想に合わない吹き方をしている……などなど。そもそも楽器が調整不足で壊れているのかもしれません。

正しい音程できれいにフレーズを揃えるなら、まず楽器のコンディションを環境に合わせて整え、作曲者の意図を充分理解し、フレーズに合わせた適切なブレス と音量で演奏することを考えないといけません。誤ってフォルテで吹いていたフレーズを、楽譜に沿ってメゾフォルテにしただけで音程が合ったなどということ も良くある話です。

音程合わせも弓道と同じ「正奏正中」です。指導者は怒りに任せて生徒を叱りつける前に、正しい演奏のしかたを伝えましょう。

標準

ゴジラと伊福部音楽――「真にグローバルたらんとすれば真にローカルであることだ」

先日5月16日、ギャレス・エドワーズ監督によるリブート版「ゴジラ」が、全米で公開されました。今回の映画で使われているかどうかは残念ながら分かりませんが、ゴジラと言って思い出すのは、一度聴いたら忘れられないあのテーマ曲ではないでしょうか。

その「ゴジラのテーマ」で有名な作曲家の伊福部昭さんは、今年2014年に生誕100周年を迎えるそうで、記念として全国のプロオケを中心に多く伊福部作品が取り上げられるようです。

今朝もNHK-FMで、吹奏楽による伊福部昭作品が取り上げられていました。ゴジラリブートフィルムの公開に、伊福部生誕100周年と、今年はゴジラ・伊福部イヤーになりそうです。

北海道の農村で、警察官僚の息子として生まれた伊福部さんは、そこでアイヌの人々の生活や文化に触れて、影響を受けたと言われています。シンプルなモチー フやリズムを執拗に繰り返し、3度や6度のハーモニーを避けて、西洋の伝統で禁則と言われているや5度や8度の和声進行を積極的に使った曲たちからは、ど こか土のにおいがする、民族的な響きを感じられます。

北海道の雄大な自然に囲まれながら、独学で作曲を学び、大学卒業後、21歳になった伊福部青年は、パリで開催されるコンクール「アレクサンドル・チェレプ ニン賞」に自らの作品を応募します。ところが日本からの応募を取りまとめていた東京事務局の楽壇権威の中には、伊福部さんの楽譜を見て「西洋音楽の伝統か ら外れた伊福部作品を日本の代表としてパリに送ることは恥になるから、伊福部の曲を応募から外そう」と画策した者が居たそうです。

結局事なきを得てパリに送られることになりましたが、その応募作『日本狂詩曲』第1楽章「じょんがら舞曲」は、見事1位を獲得し、世界的に高い評価を得ます。

「真にグローバルたらんとすれば真にローカルであることだ」――伊福部さんの音楽は、まさに伊福部さんの生き方や信念の結集であり、それを世界の舞台で自ら証明したのでした。

Quake in Tokyo, 2014,5,5
標準

東京で3年ぶりに震度5弱の地震

Quake in Tokyo, 2014,5,5

今朝、東京で珍しく大きな地震がありました。震度5弱は震災以来の3年ぶりだそうです。

僕は寝ている時大きな地震がくると、必ずその直前に目が覚めます。しかもぱっと一瞬で目が覚めます。それで5〜10秒くらいしてから揺れ出すので、地震が来るときはすぐにわかります。みなさんもそういうのありますでしょうか。

パート練習
標準

つまらない基礎練習で居眠りする子たちを一瞬でやる気にさせる方法

 

 

基礎練習は大切だけれど退屈なものだ

パート練習

吹奏楽を指導した経験のある人は分かると思いますが、曲目の練習はもちろんですが、基礎練習を行うことが大切です。

基礎練習というと、専用の教材を用意して、パートやセクションに分かれ、みんなでメトロノームに合わせてユニゾンやハーモニー・アーティキュレーショ ンの練習をずっと繰り返すことが多いと思います。僕が中学、高校と吹奏楽部にいた頃も、朝練から全員で基礎合奏をやっていました。

でもこれ正直とても退屈なのです。みんなで4分音符=60のメトロノームを聴きながら、B-durの音階を8拍ずつ昇ったり降りたり繰り返す。確かに必要 な練習とはいえ、曲を吹いて音楽を楽しみたい子どもたちにとって見たら、間違いなく面白みに欠けます(僕は昔よく居眠りして怒られました)。休日の午後か ら基礎なんてやると、うとうと眠りだす子が……先生がしゃべってばっかりになっちゃうから、一方的でつまらないんですよね。

それで僕は、あることをやりました。

 

 

基礎練習をリレーする

あまり人数の多い場合はできませんが、基礎練の「リレー練習」をおすすめします。とくにパート練習でおすすめです。やり方は簡単です。一つの吹き方を、音が変わるたびに順番にリレーしていくだけです。

例えば、「B-durを、テンポ60、8分音符で8拍ずつ、スタッカートで吹く」という練習があるとします。一人目はB♭で8拍吹く、そしたら二人目はCで8拍吹く、3人目はDで……という具合に、次々につなげばいいだけです。

こうすると、みんな自分の番で前の人とつなげて音を吹かないといけなくなるので、集中するようになります。それだけでなく、周りと比べて自分の音のどこに 改善が必要なのかもすぐわかるので、効率よく練習することができます。たったこれだけで、最初の休憩中ぐったりしていた子たちが、次の休憩時間には、自分 ができなかった音を隣の子と楽しそうに練習するようになりました。ちょっとしたゲーム性を持たせるだけで、退屈な練習が劇的に変わります。

そういうわけで、先生方はその長い気で「お前らなんだ!やる気あんのか!」と生徒を叱咤してエネルギーを使う前に、ぜひリレー練習を試してもらいたいと思います。

先生の仕事は簡単です。「直した方がいいところを分かりやすく指摘してあげる」「失敗は一緒に笑って励ます」。大事なのは、自分でやる気にさせてあげること、これだけです。